年齢制限の話

 受験相談を受けていると、「年齢制限はありますか」「今○歳なんですけど合格できますか」といった質問をされることがあります。

 医師(医学部受験)の話になりますが、数年前、ある国立大学を受験した50歳代の女性が、試験の成績は合格ラインを越えていたのに不合格になったことがありました。女性が大学に問い合わせたところ、大学が年齢を理由にしたことを臭わせたそうです。このケースは極端なケースかもしれませんが、一般の転職市場を考えても30歳をすぎると人材としての価値は大きく下がると言われていますから、年齢制限の存在は確かに不安に感じるところです。

 では看護学校の場合はどうか?結論を先に言うと、学校選びさえきちんとやれば、年齢のことはあまり気にせずにどんどんチャレンジしてみるとよい、ということです。ただし、面接試験のときに「若い人や年の離れた人たちとうまくやっていけますか?」と聞かれることが多いので、それに対する答えは準備しておいてください。

 ポイントは、学校選びをきっちりやることにあります。実際に年齢制限を課している学校はありますし、募集要項には年齢制限を明記していなくても、合格実績を調べてみると、社会人の合格者が少ない学校もあります。反対に、社会人の方を積極的に合格させていたり、年齢制限はないと明言している学校もあります。こういった情報を早い時点でつかみ、受験スケジュールを検討することが、合格への近道となります。私たちもそのお手伝いをしたいと考えています。

 次に学校の情報を調べるコツを書いておきます。

社会人入試の有無

 社会人入試を実施している学校は、それだけで高年齢層の受験者に門戸を開いている確率が上がります(逆に社会人入試を実施していない学校は、一般入試においても高校生を中心にとりたいと考えている可能性が高い、と言えます)。
 ただ、肝心の「社会人」の定義が学校ごとにバラバラなので、注意が必要です。社会人というと、会社の正社員のようなイメージを抱きがちですが、決してそんなことはなく、「家事従事者」つまり専業主婦でも受験可としている学校もあります。高卒や18歳以上としている学校もあります。普通、専業主婦や高卒浪人の人を社会人とは言わないですよね。

 さて、社会人入試の受験資格でよくあるのが、次のようなものです。

学歴  :高卒(=大学入学資格のある者)、短大卒(見込み)、大学卒(見込み) など
社会経験:○年以上の職務経験(主婦やアルバイト可・不可、期間の合計や勤続など条件は様々)
年齢  :満23歳以上、満25歳以上、35歳未満 など
居住地 :学校と同じ自治体に居住、またはその自治体にある会社に勤務 など

 これらのいずれか、またはいくつかを組み合わせて社会人入試の受験資格が作られているパターンが大半です。このうち、年齢について調べてみるとよいでしょう。

★首都圏の看護学校における社会人入試の年齢設定(2015年度)
※年齢以外の条件を受験資格に設定している場合があるので、必ず募集要項で詳細を確認してください。

◎年齢の下限を定めている学校
25歳以上 目白大学 川口市立看護専門学校
千葉大学 東京都立看護専門学校
八王子市立看護専門学校 国際医療福祉大学小田原保健医療学部
厚木看護専門学校 神奈川県立衛生看護専門学校
神奈川県立平塚看護専門学校 神奈川県立よこはま看護専門学校
横浜市医師会保土谷看護専門学校 横浜市病院協会看護専門学校
24歳以上 藤沢市立看護専門学校
23歳以上 埼玉県立大学 上尾市医師会上尾看護専門学校
千葉県立保健医療大学健康科学部 杏林大学医学部付属看護専門学校
神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部 川崎市立看護短期大学
三育学院大学
22歳以上 済生会川口看護専門学校 埼玉県立高等看護学院
毛呂病院看護専門学校 共立女子大学
聖マリアンナ医科大学看護専門学校
21歳以上 東京有明医療大学 浦和学院専門学校
20歳以上 勤医会東葛看護専門学校 東海大学医療技術短期大学
湘南平塚看護専門学校 積善会看護専門学校
18歳以上 久喜看護専門学校


 これらの他にも「高校卒業後社会人経験3年以上」や「大卒(見込み)」など、22歳前後を社会人の下限とする学校が多いです。
 上の表を見ると、首都圏では、大学を卒業する22歳から25歳位に年齢制限(下限)を設定している学校が多いことがわかります。一般論として、この年代は、大学を卒業して2~3年経ち、就職した会社に限界を感じて、転職などの人生の進路変更を考え始める時期にあたります。看護学校もこの年代に注目しているわけですね。

◎年齢の上限を定めている学校
上限なし 杏林大学医学部付属看護専門学校
36歳未満 東京警察病院看護専門学校
35歳未満 東京新宿メディカルセンター附属看護専門学校校
30歳未満 佼成看護専門学校
26歳未満 東京山手メディカルセンター附属看護専門学校


 一方、首都圏では年齢制限(上限)を設定している学校はそれほど多くありません。26歳未満、いわゆる第二新卒のみを狙い撃ちにしようという社会保険中央看護専門学校を除けば、上限を設定してある学校も全て30歳代です。このことからわかるのは、あなたが20歳代であれば看護学校に入学するのにまったくと言っていいほど支障はありません。30歳代以上でも学校さえ選べば、大半の学校はチャレンジできるということです。

合格実績を調べる

 学校のホームページには、受験倍率などの入試のデータを掲載しているところがあります。大学ならほぼすべての学校で前年の入試データを確認できます。専門学校の場合、大学のそれほど整備されていませんが、それでもいくつかの学校には入試データが掲載されています。

 また、ガイドブックを使って調べる方法もあります。社会人入試についてはそれほど詳しく書かれている書籍はありませんが、試験の有無や定員数などが掲載されている場合があります。

・さんぽう看護医療進学研究会 「看護・医療系学校最新入学全ガイド〈2017〉」
・晶文社学校案内編集部「看護・医療 大学・短大・専門・各種学校ガイド 2017年度用」


 ただし、書籍は編集の都合上、情報が一年古くなることも覚えておいてください(各学校の入試日程などの受験要項が公表されるのが夏くらいなので、最新の情報を掲載した書籍の発売は秋以降になります。社会人入試では、秋に試験を実施する学校も多いので、書籍の発売が間に合わないこともあります)。

 現在予備校や学習塾に通われている方は、事務の方にそういった資料がないか訊ねてみてください。

 実際のところ、全合格者における社会人入試での合格者の占める割合は、まちまちです。募集人数が若干名や3名などとなっている学校は数%ですし、多いところでは三~四割になります。次の表を見てください。東京都内のいくつかの学校について、合格者総数に占める社会人入試合格者の割合をまとめました。社会人入試の募集人数を定員の20~30%に設定している東京都立看護専門学校の割合は、軒並み高いですね。

◎合格者総数に占める社会人入試合格者の割合(2010年度入試の実績)
学校名 年齢制限 社会人入試合格者の割合(%)
社会保険中央看護専門学校 26歳未満 37.7
都立青梅看護専門学校 25歳以上 33.8
都立板橋看護専門学校 25歳以上 33.3
東京警察病院看護専門学校 36歳未満 32.4
都立北多摩看護専門学校 25歳以上 25.3
東京女子医科大学看護専門学校 大卒・短大卒 22.7
都立広尾看護専門学校 25歳以上 21.9
都立府中看護専門学校 25歳以上 21.6
東京都済生会看護専門学校 高卒+職場推薦 20.9
都立南多摩看護専門学校 25歳以上 19.8
昭和大学医学部附属看護専門学校 大卒・短大卒 12.6
慈恵看護専門学校(大卒者試験) 大卒 11.7
杏林大学医学部付属看護専門学校 制限なし 6.7
佼成看護専門学校 30歳未満 6.1


 社会人入試での合格者の割合が20%を越えている学校は、社会人を入学させることにかなり積極的だと言えるでしょう。30%を越える学校は、社会人ウェルカム状態と言ってよいでしょう。ただし、社会人の割合が低いからといって、必ずしも社会人入試を否定しているとは限りません。まずは若干名を入学させてうまく学校に馴染めるか様子を見て、これから徐々に増やしていこうと考えている学校もあるからです。

 次に、一般入試を含めた入学者の年齢分布を調べてみましょう。一般入試は、建前上は誰でも受験できるオープン参加なので、社会人の方も当然受験できます。学校のホームページに入試データが掲載されている場合は、年齢分布のデータも掲載されていないか調べてみましょう(公開されることの少ないデータなので、学校に直接問い合わせた方が早いかもしれません)。サンプルとして、東京都立板橋看護専門学校を見てみましょう。

◎東京都立板橋看護専門学校の2010年度入試の入学者の年齢構成
(東京都立板橋看護専門学校のホームページより)
年齢区分 男性 女性 合計
20歳未満 1 27 28
20歳以上24歳 0 8 8
25歳以上29歳 3 15 18
30歳以上34歳 1 10 11
35歳以上39歳 4 9 13
40歳以上 0 3 3
9 72 81

・20歳未満(高校生+一浪)は入学者の3分の1程度(34.6%)にすぎない。
・都立看護専門学校で「社会人」とされる資格は25歳以上であり、これに該当する者は45人で過半数(55.6%)を占めている。
・30代後半以上は16人で、全体の5分の1(19.8%)を占めている。
・30歳代後半の男性、40歳以上の女性も入学している。

……と、かなり高い年齢まで合格実績がありますね。ここまで「社会人」(ここでは25歳以上の人)が多いなると、東京都立板橋看護専門学校(を含む東京都立看護専門学校)では、年齢制限はほとんどないと考えてよいでしょう。

 ここでもう一つ考えておきたいのが教育水準です。東京都立板橋看護専門学校の看護師国家試験の合格率は次のようになっています。

◎看護師国家試験の合格率(東京都立板橋看護専門学校のホームページより)
受験年度 17年度 18年度 19年度 20年度 21年度
都立板橋 100% 100% 100% 100% 98.6%
全国平均 92.5% 94.8% 94.6% 94.4% 93.9%


・都立板橋看護専門学校の定員は80人=過去5年の卒業生は約400人(80人×5年)。
・卒業生約400人のうち、国家試験の不合格者は1人だけ。

 全国的に見ても、これだけ実績を残している学校は少なく、学校の教育水準は、国内でもトップレベルだと言えるでしょう。都立板橋看護専門学校を含めた東京都立看護専門学校7校には似たような傾向がありますから、社会人ならぜひ受験に挑戦したい学校の一つです。

不安に感じたら問い合わせる

 それでも不安に感じたら学校に問い合わせてみましょう。いくつかの方法が考えられます。

・学校説明会に参加して社会人入試や年齢について質問する。学校説明会のときに話をした先生が、入試の時の面接担当官だった、という話はよくあります。学校説明会は、疑問点を解消する場であるとともに、自己アピールの場だとも考えてください。
・電話やメール、手紙などで学校に問い合わせる。ホームページに「お問い合わせ」のページを設置している学校も多いので、それを使ってもよいでしょう。ちなみに、京都大学医学部に55歳で入学し、63歳で医師国家試験に合格、80歳すぎまで医師として活躍した故・葛城四郎氏も大学に受験してよいかと手紙で問い合わせたそうですよ。

 機会があったら、「自分はこれだけやる気があるんだ」と自己アピールをすることです。もちろん学科試験の勉強もきちんとやって、入試でしっかり点数をとる。年齢が高いから無理とあきらめるのではなく、年齢が高くてもこれだけやれるんだと示し、自分の存在を相手に覚えてもらうように努力することが大切です。ちなみに、国家試験なら医師も看護師も60歳代で合格した先例はあります。本当にチャレンジしたいという気持ちがあれば、年齢はあまり気にしなくてもよいと言えるでしょう。



    inserted by FC2 system